【節約術】粉末茶でひと月1,900円以上節約。毎日ペットボトルを買うよりもコスパよし!

生活する上で欠かせない水分補給。みなさん、どうしていますか?ついつい、お手軽な自販機やコンビニでペットボトル飲料を買ってしまっていないでしょうか。

私も以前は、休憩がてらに自販機やコンビニでカップコーヒーや缶ジュース、お茶、水など買っていました。

もちろん、手軽に手に入る便利さは重宝するのですが、節約という観点から見ると地味に支出がかさむ要因の一つになっています。

塵も積もれば山となる、今回は粉末お茶のコスパに着目してみたいと思います。

背景

色々と節約術を模索している中で目をつけた飲料代。

水分補給って毎日必要不可欠ですよね。

自販機で500mlのペットボトルのお茶って安くても120円とかします。毎日となるとそれなりの金額が消費されていることになりますね。ちょっとした手間さえ惜しまなければ、節約効果が出てくる領域です。

粉末お茶を試したところ、思ったよりもコスパがよかったので紹介したいと思います。

どれくらいコスパがいい?

ペットボトルと粉末お茶の場合、それぞれのコストを計算してみます。計算条件は500mlを毎日1本としましょう。

ペットボトルのお茶の場合

価格を120円とすると、一ヶ月のコストは3,600円

120円 x 30日 = 3,600円

粉末お茶の場合

色々なメーカーから発売されていますが、私が使っているものを例にあげて計算してみたいと思います(画像クリックで詳細表示されます)。

粉末緑茶70gで400円とします。500mlの水に混ぜるのに必要なのは5g。500mlあたりの粉末コストは約30円。

(5g ÷ 70g) x 400円 = 約30円

さらに、粉末を混ぜるのにペットボトル水(2リットルで100円)を使用した場合、500mlあたりの水代は25円。

(500ml ÷ 2,000ml) x 100円 = 25円

従って、粉末茶+水代を合わせても一ヶ月約1,700円で収まります。

(30円 + 25円) x 30日 = 約1,700円

節約効果

ペットボトルのお茶を粉末茶に変えることで一ヶ月に少なくとも、1,900円(3,600円 – 1,700円)の節約効果があります。

ちなみに計算上、粉末お茶70gで2週間(14日)持ちます。

70g ÷ 5g = 14日

…あれ? 私の場合、6ヶ月以上もっているのですが… つまり… 約0.4gで500mlのお茶を作っていたことになります(水代含めて500mlあたり約30円、一ヶ月あたり900円、節約効果一月2,700円!)。それでも見た目は立派な緑茶なので気がつきませんでした。

味覚音痴なのか…は、さておき自分の好みで濃さを調整できるのも粉末お茶のメリットと言えそうです。

水と混ぜるだけなので作るのに1分もかからない手軽さもいいです。気になった方は是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください