HSBC香港から送金する際の限度設定額は使用していないとリセットされる

HSBC香港では送金方法ごとに限度額を設定する必要があります。この限度額設定は申し込みフォームをHSBCに送付する必要があります(限度額の引き下げ減額設定はインターネットバンキングから可能)。

設定した後でも未使用状態が続くと限度額がゼロにリセットされてしまいます。リセットされると再び申し込みフォームを郵送する必要があり面倒なので定期的に送金を行うようにする必要があります。

限度額の確認方法

現在の送金限度額の確認は、インターネットバンキングにログイン後、ページ最下部の「Daily payment and transfer limits」をクリックします。

ここでそれぞれの限度額が確認できます。

限度額がリセットされる条件

送金限度額は未使用期間が続くとセキュリティの面からリセットされてしまいます。目安は半年に一回は送金操作を行っておくと安心です。ここではリセットされる条件の概要とリセットされないための定期的な送金サイクルをご紹介します。

送金限度額についての詳細はこちらの公式ページを確認下さい。

【ケース1】6ヶ月間送金をしていない

公式ページでは下記のように記載されています。

 6 months (customers have not used the limits since establishment or after maintenance) OR
13 months (customers have not performed these types of transactions)

ポイントは限度額設定をしたら半年以内に送金操作をしましょうということです。その後も半年に1回は送金処理をしておくと安心です。

13ヶ月送金操作をしていない場合も書かれていますが、これは限度設定してから半年以内に1度送金処理すれば、その後は13ヶ月間はリセットされないと読み取れます。ですが、英語力の問題もあって確信が持てないので、私は半年に1回送金操作をするようにしています。

リセット対象となる限度額は下記になります。

* Payment limits for Securities brokers, sports and leisure

証券会社などに送金(Bill Payments等)を行う場合の限度額。私の場合はこの限度額がリセットされていて再設定することになってしまいました。

* Transfer limit for non-registered account

未登録口座に送金する場合の限度額。

【ケース2】6ヶ月間インターネットバンキングにログインしていない

上記の「未登録口座への送金限度額(Transfer limit for non-registered account)」はより厳しい条件が追加されていて6ヶ月間インターネットバンキングにログインしていないと限度額がリセットされてしまいます。

6 months (customers have not logon to Personal Internet Banking and Phonebanking)

せっかく開設したHSBC口座。定期的にインターネットバンキングにログインしましょう。

リセット対象となる限度額

* Transfer limit for non-registered account

送金限度額の減額設定はインターネットで可能

この限度設定額ですが、減額設定はインターネットバンキングで可能です。しかし、増額設定は申請フォームをHSBCに提出が必要になっています。

You can decrease your daily transaction limits via Internet Banking. For security reasons, any limit increase requests (subject to the maximums allowed) need to be submitted to an HSBC branch in Hong Kong

限度額がリセットされてゼロになってしまったら元の設定額に戻すのに申請フォームの提出という面倒な手続きが必要になるので注意しましょう。

申請フォームの場所

もし、限度額がリセットされた場合は、最初に触れた限度額を確認するページから申請フォームをダウンロードすることができます。

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください