サイトマップ(sitemap.xml)の設定を見直したらPVが劇的に上がった話【All in One SEO】

WordPressのプラグイン「All in One SEO」で、サイトマップ(sitemap.xml)の自動生成機能をデフォルトのまま使用していないでしょうか?

私はつい最近までデフォルトのまま使用していましたが、設定を見直したところPV、アクティブユーザ数などが軒並み改善したのでビックリ。

ここでは、All in One SEOで実際に設定した内容をシェアしたいと思います。

厳密には、サイトマップの設定に加えて、画像SEOの設定も一緒に行いますが、この2つを設定するだけなので、数分で終わります。

サイトマップの設定

WordPressの左カラムにある「All in One SEO」/「サイトマップ」をクリック。

設定画面が表示されるのでSitemap Settings(サイトマップ設定)」「Advanced Settings(高度な設定)」の各セクションで設定を行います。

以下で、それぞれ説明します。

「Sitemap Settings(サイトマップ設定)」セクション

Post Types(投稿タイプ)」の下記項目のチェックを外します

  • Include All Post Types
  • 添付ファイル
  • カレンダー

同じく、「Taxonomies(タクソノミー)」の下記項目のチェックを外します

  • Include All Taxonomies
  • タグ
  • カテゴリー別

「Advanced Settings(高度な設定)」セクション

Exclude Images(画像を除外)」で「YES」を選択

最後に「Save Changes(設定の保存)」をクリックして完了です。

画像SEOの設定

WordPressの左カラムにある「All in One SEO」/「検索の外観」をクリック。

設定画面が表示されるので、画面上部の「Image SEO(画像SEO)」をクリック。

「添付ファイル」セクションにある「Redirect Attachment URLs(添付ファイルのURLをリダイレクトする)」の項目でAttachment(添付ファイル)」を選択

最後に「Save Changes(設定を保存)」をクリックして完了です。

最後に

All in One SEOは多機能で、他にも様々なカスタマイズできます。

ここで紹介した設定は一部の例に過ぎませんが、わずか数分で出来る設定だけでもPV、アクティブユーザ数アップの効果が体感できたので、参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください