ESETでNode.jsアプリケーション用のファイアウォール設定を行う方法

ESETのファイアウォールをデフォルト設定で使用しているとNode.jsのアプリケーションがファイアウォールに弾かれて動作しないことがあります。

ファイアウォールを無効化すれば動作しますが、それではESETの意味がない。ということで、ESETの設定方法を紹介します。

ここでは、ローカルホスト上でNode.jsアプリケーションを動かしている場合を想定して説明したいと思います。

ファイアウォールの設定画面を開く

ファイアウォールの設定でNode.jsアプリケーション用のルールを追加していきます。

ルールを追加するには、ESETのホーム画面から「設定」「パーソナルファイアウォール」を選択します。

Node.jsアプリケーション用ESET設定-ファイアウォール設定画面(1)

次に、パーソナルファイアウォールの「設定」ボタンをクリック。

Node.jsアプリケーション用ESET設定-ファイアウォール設定画面(2)

ルール画面になるので「設定」ボタンをクリックしましょう。

Node.jsアプリケーション用ESET設定-ファイアウォール設定画面(3)

Node.jsアプリケーション用のルールを設定

ルール名に適当な名前を付けて「次へ」ボタンをクリックします。

Node.jsアプリケーション用ESET設定-ファイアウォールのルール設定(1)

アクションは「許可」、方向は「内向き」を選択して「次へ」ボタンをクリック。

Node.jsアプリケーション用ESET設定-ファイアウォールのルール設定(2)

次に、プロトコルは「TCP」、ポートは「ローカル」を選択します。

ローカルポートにはNode.jsアプリケーションで使用しているポート番号を指定します。”-”(ハイフン)を使って範囲指定も可能です(ここでは適当に3001-3003としています)。

設定したら「次へ」ボタンをクリック。

Node.jsアプリケーション用ESET設定-ファイアウォールのルール設定(3)

宛先は「インターネット全般」を選択して「終了」ボタンをクリックすれば完了です。

Node.jsアプリケーション用ESET設定-ファイアウォールのルール設定(4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください