2段階認証設定したGoogleアカウントを2段階認証「非」対応のアプリで使う方法

突然やってきたGoogleからのセキュリティ警告。

誰かが自分のアカウントにログインをしようとしている。突破されたのかは分からないが、すごく不安。

ということで、Googleアカウントの2段階認証を設定することにしました。

なぜ、これまで2段階認証を設定していなかったのか。理由はNode.js上で動作するWEBアプリでGmailの送信を行いたいから。

2段階認証を設定するとこの仕組みが動作しなくなると思い込んでいました。

「2段階認証ってスマホに送信されたコードを入力しなければならないのに、WEBアプリはそのコードを受け取れないよね」と。

でも、ちゃんとGoogleは考えてくれていて、2段階認証に対応していないアプリでも動作できるように「アプリパスワード」という仕組みが準備されています。

この「アプリパスワード」を使えば、2段階認証を設定したGoogleアカウントでもこれまで通りアプリを通じてログインできます。

アプリパスワードの設定方法

設定は非常に簡単です。

アカウント管理画面にアクセス

Googleのアカウント管理画面にアクセスして、左メニューの「セキュリティ」をクリックします。

アプリパスワードの設定

「Googleへのログイン」という設定メニューから「アプリパスワード」をクリックします。

アプリの選択

アプリ」と「デバイス」を選択する画面が表示されるので、プルダウンメニューから適当なものを選択します。

ここでは、Node.js上で動作するWEBアプリを想定して、「アプリ」のプルダウンメニューから「その他(名前を入力)」を選択しています。

ちなみに、「アプリ」に「その他(名前を入力)」を選択した場合は、「デバイス」の選択は省略されます。

アプリ名を入力する画面が表示されるので、適当なアプリ名を入力します(ここではnodejsとしました)。「生成」ボタンをクリックして完了です。

パスワードの確認

アプリパスワードの生成が完了すると、次の画面が表示されるので使用するアプリに設定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください