【Node.js】Nightmareで特定バージョンのelectronを使用する方法

Nightmareにはelectronが内蔵されています。

例えば、Nightmare v3.0.2ではelectron v2.0.18が内蔵されています。

執筆時のelectronの最新バージョンはv13.1.7。

Nightmareに内蔵されているelectronは結構古めです。

もちろん、一般的なWEBサイトではあれば十分機能します。ただ、古いelectronでは動作しないようなWEBサイトもあるので、問題となってしまうこともあります。

Nightmareを使いたい、でもelectronのバージョンも指定したい。こんなケースの対策方法を紹介します。

特定バージョンのelectronをインストール

まず、使用したいバージョンのelectronをインストールします。

例えば、v4.0.0をインストールしたい場合はこんな感じ。

npm install electron@4.0.0

Nightmareでelectronを指定

Nightmareをインスタンス化する際に先程インストールしたelectronを指定します。

こんな感じ。

var Nightmare = require('nightmare');

var nightmare = Nightmare({
    electronPath: require('electron')
});

これで、Nightmare内蔵のelectronではなく、個別にインストールしたelectronを使用することができます。

Nightmare内蔵のelectronとバージョンがかけ離れたelectronを指定すると互換性がないので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください