快適なクロスバイク生活。気分転換、運動不足解消にもってこい!サドルなどおすすめグッズも紹介。

気分転換、運動不足に何か始めてみたい、でもランニングは少しハードだし、適度に心地良く心身共にリフレッシュしたい!そういった方にお勧めしたいのがクロスバイクです。

僕はクロスバイクに出会って、本当に良かったと思っています。見た目もカッコいいし、何より走っていると気持ちがいい。いつも車で通っている場所も風を感じながらのんびりサイクリングすると見えていなかった風景に気づいたり、季節の変わり目を感じたり、とにかく心身リフレッシュになるので興味がある方は是非トライしてもらいたいと自信を持ってお勧めします。

クロスバイクを選んだ理由

特にこれといった趣味もなく、とにかく気分転換できるものを探していた時期がありました。仕事で行き詰まっていて、精神的にクタクタになっていた頃ですね。

とにかく頭を空っぽにできる何かを始めたい。そう思って最初はウォーキングを始めましたが、どうしても距離的に歩ける範囲が限られていてマンネリ化。。

もう少し、いろんな風景を楽しみながら気分転換できたら最高だろうなと思ったのが自転車を選んだ理由です。

何気なく自転車屋さんに入って一目惚れしたのがクロスバイクでした。

クロスバイクとは?

クロスバイクはこんな感じの自転車です。

トライアスロンとかで良く見かけるロードバイクはこんな感じ。

見た目で言うとハンドルやタイヤの細さが大きく異なります。ロードバイクは競技向けの自転車なのでタイヤは細いモノが多く、道路のちょっとした段差でもハンドルを取られてしまう可能性もあリます。

一方、クロスバイクはママチャリとロードバイクの中間といった感じで、特に違和感なく初心者の方でも乗りこなせる作りになっています。タイヤもママチャリと同じくらいの一般的な太さのものが多く、ハンドルも一文字で握りやすいです。

ロードバイクほど本格的な走りはできませんが、サイクリングを始めてみたいといった方にはクロスバイクがお勧めです。

どれくらい予算が必要?

エントリーモデルが数多く出ているので手が出しやすいのもクロスバイクの魅力です。僕は「サイクルベースあさひ」のWEEKEND BIKESというクロスバイクを購入しました。

どれくらい値段がするのかなと物色していた時に店頭に飾ってあったこのクロスバイクに一目惚れしました。予算内で見た目もかっこいい!

本体は3万円弱。自転車スタンドなど必要最低限ものは付いていますが、ライトや鍵は別途購入が必要です。あと、必要に応じて盗難保証などのオプションを付けていく形になります。

クロスバイク購入後に揃えたお勧めグッズ

■ ライト

先ほども書きましたがライトが付いていなかったのでアマゾンで購入することに。ライトに関してはUSB充電タイプがおすすめです。乾電池タイプだと交換が手間ですし、コストパフォーマンスも悪いと思います。

僕が使っているのはコレです。

小型で見た目もスッキリしているし、明るさも必要十分といったところで気に入っています。2時間くらいは余裕で持ちます(もっと持つかもしれませんが夜間にそれ以上の長距離を走ったことがないので)。盗難されないように自転車から離れる時は取り外しています。

■ 鍵

僕は反射素材の生地が付いたチェーンロックを選びました。夜間に走行するときにタスキ掛けして自動車に存在がアピールできるので一石二鳥でおすすめです。昼間に乗る時はハンドル部分に巻きつけています。

ただ、タスキ掛けする場合は服が汚れる可能性もあるので、クロスバイクに乗るメインのシチュエーションに応じて選ぶのがいいと思います。

こういったタイプのものを使っている人も多いみたいですね(良く見かけます)。

■ サドル

これメチャクチャ重要です。購入する時に付いているサドルが自分に合っていれば問題ないのですが、僕の場合は乗った初日からお尻が痛くてどうしようもなかったです。

クロスバイクのサドルは一般的に固めでクッション性がほとんどない軽量タイプのものが多いです。自転車にあまり乗らない、もしくはママチャリがメインの方はきっとお尻が痛くなると思います。

サドルカバーも検討しましたが、サドルが大きくなってデザイン性を損なうのが嫌だったので探しまくった末に出会ったがこのサドル。見た目もいいし、お尻も以前に比べ格段に負担が軽減しました。

■ 自転車カバー

僕の場合は、自転車置き場が雨ざらしのため愛車が錆びるの嫌だったので購入。クロスバイクがすっぽり入って見た目もグッドなコレがおすすめです。

写真のように前輪部分にチェーンロックを通せて固定できます。後輪部分の下部にもベルトロックが付いているのでチェーンロックを使わない場合でも風でカバーだけ飛ばされるようなことがありません。

ただ、どんなカバーでも起こってしまうのですが、カバーが帆のように風を受けてしまうので強風の時に自転車が倒れてしまうんですよね。。

その対策として、、

■ 自転車置き場用スタンド

自転車カバーを付けた状態で強風を受けても倒れないようにするために購入したのがコレです。2個セットだったので前輪と後輪をコレで固定して、その上から自転車カバーをして保管しています。

自転車って楽しい

自分のお気に入りの自転車に乗ってサイクリングするとテンション上がります。乗ること自体も楽しいのですが、見た目もかっこいいのでカスタマイズとかもしたくなってくる!あれやこれやと熱中できるので趣味としてもってこいかもしれません。

休日に仕事を忘れさせてくれる、そんな趣味をお探しの方に参考にして頂ければと思います。春先にクロスバイクで暖かい風を感じてサイクリング、気持ちいいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください