Pugの変数演算時には代入する変数名の前に”-“を付ける

HTMLの記述を簡単にしてくれるPugですが、変数の演算を行う時にハマったのでメモします。

タイトルで既に結論となっていますが、演算結果を代入する変数の前に”-“(ハイフン)を付ける必要があるので注意しましょう。

NG例

ハイフンなしの変数に演算結果を代入すると正しく解釈されません。

div
	- var hoge = 1;
	- var foo = 2;
	hoge = hoge + foo; // 代入する変数にハイフンを付けていない
	p #{hoge}

出力結果は次のようになってしまいます。

= hoge + foo;
1

正しい書き方

演算結果を代入する変数の前にハイフンを付けます。

div
	- var hoge = 1;
	- var foo = 2;
	- hoge = hoge + foo;  // 代入する変数の前にハイフン
	p #{hoge}

出力結果は下記。変数hogeに演算結果が正しく格納されていることが分かります。

3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください